1ヶ月で10kg減量に成功したときのダイエット方法と、挑戦してダメだったダイエット



10代の頃、一念発起してダイエットを開始し、2年かけて100kg弱から50kg強まで大幅減量したことあるって、前にブログに書いたっけ?どうだっけ?

このとき最初の1ヶ月で10kgの減量に成功したんですよねー。イエーイ。
まあ、体重がある上に若かったから一気に落とせたわけなんですが。

つーことで、こんな巨デブ時代のダイエット、参考になるかどうかはわかりませんが、ちょっくら詳細を書いていこうかなーと思います。最近インテリア系の記事ばかり書いていたのでね。

アトキンスダイエット(糖質制限)

私が初めて大幅減量に向けてダイエットをしたのが、2005年とか2006年。
まだ日本では糖質制限だの低炭水化物ダイエットと呼ばれる前で、全然流行っていませんでした。まだあるある大辞典の納豆ダイエットがうんたら〜って時期かなw
当時はアメリカだけで流行っていたのかな?わからないけど、呼び名は「アトキンスダイエット」でしたー。

2chで見つけたダイエット方法なのですが、ただ炭水化物を抜くだけっていう手軽さに、すーぐに飛びついて実践しました。
結果、毎日0.5kgずつザクザク体重が落ちてくーっていうね。

当時思ったのは「え?ダイエットってこんなに簡単だったの!?」っていうこと。
よく食べていたのは、安価で手に入る鶏胸肉でした。巨デブだったから1回で2枚食ってた←

あとは豆腐もよく食べてたなー。安かったからw

この頃は、体重がどんどん減っていくのが楽しさが、炭水化物を食べられない苦しさより上回っていました。

98→92(6kg減)になったあたりで周りから「あれ?痩せた?」と言われるようになりました。
それが嬉しくて、はやく80kg台になりたいと思い、ますますダイエットが加速しましたねー。

踏み台昇降

ダイエットを開始したのが年明け早々ってことで、雪国に住んでいた私は、外に出て運動というのが難しい状況でした。本当はウォーキングとかしたかったんだけどね。

ということで、家の中で踏み台昇降をショコショコ頑張っていました。
1回だいたい30〜1時間ぐらいやっていたかな。巨デブだから雪国のアパートで暖房つけなくても汗だくだったよ。でも、汗が引くとむっちゃ寒いのね←

踏み台昇降も2chでオススメされていたダイエット方法だね。当時の私は2chばかり見ていたよ←

半身浴しながら水をたくさん飲んだ

巨デブだった私は、浴槽にお湯を10cm貯めるだけで、半身浴ができたんだ←
ガスは高いから電気ケトルでお湯を足しながら1時間ぐらい毎日入っていたよ←
水はお風呂の蛇口をひねってそこから飲んでいました。北国は水道水も美味しかったね!

挑戦してダメだったダイエットについて

やってみたけど無理だったダイエットもありました。
それは「ビリーズブートキャンプ」です。

あれね、巨デブには無理wwwまず腹が邪魔でシュッシュと動けないwww
マジあれ身の丈(?)にあってなくて死にかけましたわ。友達に借りて最初は頑張ってやってみたんだけど、開始10分もしないうちに呼吸が止まりかけたもん。

だから体重がむっちゃあるジャバザハットみたいな人は、まず最初に食事制限や「これ軽すぎるけどこんなもんでいいのかな?」ぐらいの運動からじゃないと、ダイエットできないよ。元巨デブ(現在プチデブ)からの助言だよ。
いきなりハードな運動はオススメしません。

もう糖質制限をしない理由

最後になりまーす。

えーと、1ヶ月で10キロ痩せたことあると書いて、オススメしていると思われても困るのでちゃんと書いておきますが、私はもう、金輪際糖質制限でダイエットはしませーん。ひゃっひゃひゃ。

やらないよ。私はやらない。

なぜ?なぜって?

・・・・・・。

理由は「結局リバウンドしたから」です。

私は糖質制限を一生続けられないし、続けるつもりもないのでね。
もうやらない、やれないんだな…。だってリバウンドしてるってことは、一時的に成功したとしても結局失敗してるってことじゃん。ダメじゃん。ダメじゃん!!!

「ダイエット=健康のための食習慣」っていうのが本来の意味なので、結局一生続けられるものじゃないと意味ないのかなーと思いましてね。年齢も年齢だしね…。

ということで、今の私は健康的な食事で体重をゆっくり落としていきたいと思っている次第でございます。他の人が糖質制限してようが、脂質制限してようが、別にどうでもいいけれど、私はそういうのやらなーい。エヘヘー。

んじゃ、最後まで読んでくれてどうもありがとうございました。おしまーい!

0 件のコメント :

コメントを投稿